@kyanny's blog

印刷は人間に対し市場を作り出し、国民軍を創設する方法も教えたのであった - マーシャル・マクルーハン「グーデンベルグの銀河系」

Perlプログラマのレベル10のリスト〜俺はたぶん6くらい〜

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20050809/1123563794
こういう格付け的な話って大好きだ!何かと比較して優位性を確かめなければ不安になってしまう自信のない人なので。

でも、これ見た感じでいうとレベル5以下は相当甘いような気がするなあ。上限が10ってわけじゃないらしいからそれでもいいのかもしれないけど。そうか!ドラクエと同じで、最初はレベルが上がりやすいけどだんだん必要な経験値が高くなっていくって寸法だな。

ハテナオヤファンとしては本は間違いなく買うとして、引用部分だけ見た感じだと、俺は現在レベル6くらいかなーと見積もる。5で「多くの人たちが〜」と言われてるから、そこより自分が上のレベルにいると言い切るのは不安なんだけど、あともうちょっと理解が進めばレベル7かな、っていう感じでもあるので、中間の6くらいかなと。この先を見てみたいという気持ちはとても強いし。

で、なんか8月の27日にイベントがあるっぽい。夜の部はもう締め切りか。イベント情報みてみたら昼の部Perlの発表者は小飼弾!ああ見てみたい!ミーハーですから!サンジャポは見てないけどね!しかしわかりにくいサイトだなLLDN。昼の部はまだ余裕あるんだろーか・・・。「ハテナオヤの本を買いにきました」っていう顔して行ってみようかなあ。