@kyanny's blog

自分の不名誉になるような考えを最初に大胆に表明することは、自立への第一歩となる - ニーチェ ドイツ哲学者

はてなグラフで百ます計算の記録をつけはじめた

d:id:higeponの日記ではてなグラフを表示しているのが前々から気になっていて、使ってみたい、けど何を記録すればいいんだろう?と考えてしまって、結局使わずじまいだったんだけど、このたびいいネタができたので、めでたくはてなグラフを使い始めてみた。

百ます計算1
graph:id:a666666:百ます計算1
百ます計算2
graph:id:a666666:百ます計算2

はてダの左メニューにもモジュールでくっつけてみた。

で、いったい何のグラフかというと、あの「ドラゴン桜」でも計算力のみならず、集中力を高める訓練になると大絶賛の「百ます計算」の所要時間のグラフ。紙に縦横それぞれ10個ずつ数字が書いてあり、10かける10で合計100のますに対して、縦横の数字を足した計算結果を書いて埋めていくというもの。

まだ始めて二日目なので、なんともさびしい見た目だけど、こうして目に付くところにログを出してしまうことで、毎日継続してやらなきゃ!という気にさせる寸法。はてなグラフは●分●秒という入力はできないようなので、秒数に直してある。一回に2セット(100マスを二回)やるので、それぞれ1セット目と2セット目として分けて記録。手元のドリルによると、2分、そして1分30秒をきるのが大まかな目標値らしい。2分はいいとして、1分半は・・・今のところ自分の平均タイムは1分40秒ちょっとのようだけど、脳が活性化されてくれば、あと10秒縮めることも可能なのかな?

やってみて面白いなと思ったのは、縦方向に埋めていくのと横方向に埋めていくので、人によって得意不得意があること。俺は縦派のようで、二日目の1セット目は「アラビア数字なんだから横方向に埋めたほうが早いのでは?」という理論にのっとって横に埋めていったんだけど、二行目でわけがわからなくなってしまって縦埋めに戻した。ので、2分以上かかってしまった。