@kyanny's blog

商品にならぬ技術は役に立たない - トーマス・エジソン

「ひぐらしのなく頃に」を再びやり始めようかと思った

「ひぐらしのなく頃に」がこの夏コミ発表分で完結したらしい。なんとなくここ数日ひぐらしやりたい感じに盛り上がってきていて、とりあえず手持ちの分と完結までの差分の把握からやった。

俺が手元に持っているのは「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編〜暇潰し編」と「ひぐらしのなく頃に解 目明し編」の二枚。たぶん二年前の五月くらいに、誰だか忘れたけど誰かと秋葉原の同人ショップめぐりをして、そのときに「これが話題の」みたいな感じで平積みされてたこの二枚を買った記憶がある。去年の夏コミで罪滅し編、冬で皆殺し編、そして先日の夏で祭囃し編という順番で発表されたので、やっぱり二年前の五月で合っている。ちなみに解のほうは未開封だった。

で、体験版でも遊べた「鬼隠し編」だけクリアして、それはそれは恐ろしい想いをして、「綿流し編」の冒頭を少しやってお話が怖くなる前になんとなくフェードアウトしてしまったんだった、確か。

当時遊んでいたパソコンというか、鬼隠し編をクリアしたデータはもう手元にないので、順当に考えるなら「ひぐらしのなく頃に」をインストールして、シナリオロックをはずして、未読の綿流し編からプレイすればいいのだけど、なんとなくちゃんと頭から通してやったほうがいいような気もしなくもない。けどまたあの怖いのをやるのはなあ、としり込みしている、あと一回はじめたら睡眠時間を削ってまでやりこんでしまいそうなので(事実鬼隠し編はそうだった、それにしても一日二日では終えられなかった)そんなハードなことをやると今の生活に支障をきたしまくりで困る、とも。悩む。

それにしても、前回プレイしたときどんな風に怖かったか、とかが読み返せないのはつらいなー。はてなダイアリーをはじめたのが去年の七月だか六月だから、仕方ないことなんだけど。もしやと思って mixi の過去日記を読み返したけどその時期は日記はまだ書いてなかった。

おぼろげな記憶だと、セーブポイントがいくつかあって、そこへいくまでの間に中断できたかどうかよくわからない。セーブポイント間は読むのが遅い俺だと二時間くらいはかかっていたような気がするから、平日の夜に帰ってきてからやるのは無理だなあ。週末に時間があるときまとめてやる感じにしないとだめか。とすると今日はそろそろタイムリミットか。どうしよう。インストールだけはするか。さもないと来週になってディスクがどこいったかわかんなくなりそうだし。今日も奇跡的に発見(発掘)できたのだし。