@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

今週のモーニング

GIANT KILLING が新連載。今週からモーニングではじまった「サカつく漫画」だが、これは面白くなる気配がびんびんに伝わってくるぜ・・・!

原作は U-31 の人なので、サッカーの話としては結構まともなものになると思う。まともというか、手堅いというか。ジャンプっぽくはならない。で、 U-31 は絵があまりに劇画調すぎて、ただでさえ重苦しい話が「じゅうりょく100の100乗」くらい重たくなっていた。が、今度は見るからに軽い感じの絵描きと組んでる。この絵描きの代表作は読んだことないけど、なんだろうねトライガンお手本にしてました系?アワーズの漫画に多いような線を書く印象が。

サッカー監督っていう職業も、ここ数年のサッカーブームでずいぶん認知度あがってきてるし、いい題材じゃないだろうか。


面白くなりそうな漫画があると勝手に展開を想像するのが楽しい。俺としては、あえてジャンプ路線を目指して欲しい。奇天烈な監督が次々現れる展開。ただし選手は全員普通の人(でないとキャプテン翼になってしまうので)

  • 元デスメタルバンドのドラマーで当時のあだ名が「死神シンバル」ベンチの横にドラムセットを持ち込んで90分間叩き続けノってくると奇声をあげながら激しいビートにのせて選手に指示を出しつつ相手選手にシンバルを投げつける。弱点は日光(デイゲームに弱い)
  • インドで10年ネパールで20年の修行を積んだ偉いお坊さんで托鉢中にサッカーボールが後頭部に当たる事故にあい生死をさまよったのち悟りを開く。チャクラのちからで選手の肉体精神を強化することができるがやりすぎると選手が心臓麻痺で死ぬ
  • アンデス山中で幼少から霊的な感性を磨かれてきたシャーマン(17歳女子)自然をあやつることができロングフィードを風に乗せてゴールポストにぶつけたりペナルティエリア内だけに豪雨を降らせて敵の足をすくったりする


ああ楽しい。こんな風に展開を想像した漫画は「東京トイボックス」以来だな。