@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

日本語かな入力をマスターしよう!と思い立って、 Typist で練習し始めた。

仕事でメールによるユーザーサポート業務なども行っているが、メールの文章を書いているときに運指の遅さが気になることがままあった。集中力が高まっているがゆえにそう感じるわけで、自分の思考とアウトプットの速度差を縮めたいと思ったので、単純に打鍵数を減らすことにした。入力方式の変更ではなく、ローマ字入力をアレンジして打鍵数を減らすアプローチもあることは知っているし実際 AZIK をしばらく使っていたけど、あえて面倒くさそうなほうに挑戦したくなった。アレンジタイプのものも、真価を発揮するためには独特の入力方式をマスターする必要があるわけで、結局覚えるコストは大差ないだろうと考えもした。

Typist は以前も使ったことがある。 Mac OSX で動作するタイピング練習ソフトが少なかったことと、英語配列キーボードの記号キーの打鍵を練習できるのでこれを選んで少し使ったが、今回かな入力の練習もできることを初めて知った。 Mac AppStore で公開されていたのでダウンロードした。 Mac AppStore が公開されたときは、 iOS 用のそれと同じようにはうまくいかないんじゃないかなぁと思ったけど、デベロッパの多くは支持しているのかもな、と思い直した。

かな入力は難しい。英語配列キーボードを使っているので余計にそう感じる。なぜならキートップにかな入力用の刻印がないから。人生で初めてあの刻印が必要な状況になったのに、今は刻印がないキーボードを使っているという。まぁそんなもんなんだろうし、「キートップを見るのは悪い習慣なので、一切見ずに打鍵できるようになるまで練習すべし」とソフトの説明にも書いてあった。こういう環境であるほうがはやく上達するのかもしれない。ともあれ、練習あるのみだ。マスターすれば仕事でもだいぶ楽ができると踏んでいるので諦めずに頑張りたい。