@kyanny's blog

創造性は記憶によるところが大きい - 黒澤明

Try WiMAX を試してみた (契約せず)

Try WiMAX を試してみた。外出先(帰省等)でのインターネット回線確保が主目的で、あわよくば自宅のケーブルテレビ回線を置き換えようという算段。

申し込みから到着まで

ウェブから申し込みして3営業日くらいで発送、翌日には配達された。申込時にクレジットカード番号の入力を求められたはず(返却期日を過ぎたときに端末買取扱いになるらしいのでそのカードで支払うのだろう)小さいダンボール箱のなかに端末のパッケージが丸ごと入っていて返送用の配達伝票も同梱されてた。

端末について

URoad-7000SS をレンタルした。小さくて軽い。ボタン一個しかなくて操作に迷わない。付属品は USB ケーブルと AC アダプタ。 WiMAX 機器側の端子がちょっと特殊な形状のようで汎用の USB ケーブル等だと差し込めない気がする。ケーブル忘れたときとか困りそう。

WPA-PSK と WPA2-PSK の SSID が設定済みで、本体に貼ってあるシールに WPA-PSK のほうのキーが記載されてる。どっちも速度は同じ。 WiMAX 回線に繋いでるとルータの管理画面にブラウザでアクセスできる。 WPA2-PSK のほうにつなぐには管理画面でキーを調べないといけない(他に書いてある場所はない)管理画面の IP アドレスは取説に載ってる。 PSP とかつなぐやつは必要性を感じてないので試してない。

速度について

自宅(東京都杉並区)と帰省先(石川県金沢市)のいずれでもだいたい下り 1.5 Mbps くらいだった。本体のランプはオレンジ(電波強度中)ふつうにウェブを見るのは問題ないけど YouTube で動画を再生するのは厳しい感じ。ちなみに自宅のケーブルテレビ回線 (J:COM) は下り 20 Mbps くらい出てる。ソフトバンク回線で USB テザリング時 (3G Hi) 下り 700 Kbps くらいだった。

結論

我が家は YouTube を iPad で見るライフスタイルが確立しているので WiMAX で自宅のインターネット回線を賄うのは無理。出先の回線確保という点でも、テザリングに比べて圧倒的にはやいわけでもないので、毎月数千円払うほどではないと判断した。

契約はしないけど、 Try WiMAX を利用して良かったと思っている。実物を使うといろいろよくわかるし、迷ってるひとにも薦めやすい。 WiMAX に興味があるけど踏ん切りがつかないひとは、理論値を調べたり他人のブログでレビュー記事を読んだりして何時間も費やすくらいなら(おれのことだ)さっさとレンタルしたほうがいい(そうやって調べてるときが一番楽しいんだけどね)