@kyanny's blog

戦後の一時期に比べれば、その欲望の熾烈さは明らかに減少した。もはや戦後ではない - 1947年経済白書

Zenfone 2 その後

夏と秋はほとんど触りもしなかったが、冬になってまたぼちぼち使うようになった。

ASUS のランチャー(Zen UI とかいうやつ?)をやめて Google Now ランチャーにしたのと、 Clean Master とかいうアプリの通知を全部切ったのと、ホーム画面にウィジェットを置かないようにしたらだいぶましになった。

Android は自由度が高いのでいろいろやりたくなるが、そこをぐっとこらえてあえてシンプルに保つのがコツなのだなと思った。Evernote と同じだ。使いこなそうとしないほうがよい。ソースやスパイス(アプリやウィジェット)でごまかさず、素材(OS)の味を楽しむものだ、と。

キーボードの使いづらさには相変わらず慣れない。タップの反応がいまいちで、変換候補をタップして確定したつもりがちょっと滑っていて確定できてないとか、連続で入力した文字の一部がフリックをミスっていて意図した入力にならないとか、ハードウェアとの相性が悪いのかソフトウェアのキャリブレーションが不十分なのか、とにかく使いづらい。

Zenfone 2 公式のフリップカバーも買ってしばらくつけていたが、開いたときに持ちづらくてやめてしまった。丸窓の画面にいろいろでるのは面白かったけど、あそこだけ汚れるのも気になった。