@kyanny's blog

印刷は人間に対し市場を作り出し、国民軍を創設する方法も教えたのであった - マーシャル・マクルーハン「グーデンベルグの銀河系」

まんがでわかる 稲盛和夫フィロソフィ (まんがでわかるシリーズ)

電車の待ち時間に本屋で立ち読みして、電車の中で読む用に買った。

稲盛和夫の本はそのうち読んでもいいかなくらいには思っていたのでちょうどよかった。とはいえ興味があったのはもっぱら球場のビール売りのバイトのほうで、漫画部分だけ読んでだいたい満足した。

漫画と活字が混ざってる本を年間読書数に含めるべきか?は難しいところだが、これについては漫画部分しか読んでないので含めないことにする。