@kyanny's blog

印刷は人間に対し市場を作り出し、国民軍を創設する方法も教えたのであった - マーシャル・マクルーハン「グーデンベルグの銀河系」

ツンデレの四文字につられて「週刊プレイボーイ」を買った

電車の吊革広告にて、「ツンデレ」の文字を発見し、購入。
http://wpb.shueisha.co.jp/mokuji/main.html

“萌え系”なんて、もう古い!
キミも“ツンデレ系”美女にハマってみないか!?

とのこと。まだコンビニなんかに置いてあると思うので、興味のある方は手にとって見て欲しい。後ろの方の白黒ページにある。イラストがなんというか、「プレイボーイ編集部はツンデレをわかってない!」という感じだった。

イラスト載せるのは面倒くさいのでしないけど、とにかく「デレ」のほうを勘違いしてるっぽいのだ。ツンのほうではお高くとまった風な美人OLが、デレのほうでは下着をはだけて顔をあからめ、指をくわえて色っぽく座っている。ギャグっぽい画風でかかれてはいるが、週プレ的には「デレ」は「男の魅力にメロメロで発情した女性」という理解なのだろう。

でも、ツンデレのデレってなんかそういうもんなの?という違和感があった。まあいろんな解釈があっていいとは思うけど、そういう媚びるようなところを見せず毅然とした態度を保ちつつ、しかし時折気が緩んだ拍子に見せる弱さとか甘えたい気持ちとか男に頼りたい本音だとか、なんかそういうものに「萌え」るのがツンデレってことなんじゃないのか。週プレのアレではツンデレって言葉を使ってるだけで、中身は古臭いままの「女を落とすとこうなるんだぜ」っていう姿でしかない。

まあでもこの感想はたぶん俺がツンデレの中でも相当ツンツン寄りの嗜好の持ち主だから出てくることであって、「これであっているのだ」と感じる人もいるのだろうなあ。まあ、こんなメジャーでモテイズム*1に満ち溢れた雑誌に「ツンデレ」が、多少の勘違いはあれど紹介されるというのは、とても面白いことだなあと思った。

*1:モティズム?どっちだろう、キーワード化求む!