@kyanny's blog

Remember Everything

医龍が非常に面白い

その Re:Mote で id:yugyu さんと漫画話でやたら盛り上がったので、平成十八年度の目標として漫画を、特に少年漫画をたくさん読むようにしようと思ったのだが、それはそれとして今日出かけるときにスペリオールを立ち読みして、医龍が表紙と巻頭カラーで、あまりに圧倒される内容だったのですでに読んだのに買ってしまった。

この漫画、十一巻くらいまででてるってのに俺はたまーに立ち読みするくらいで、近いうちに満喫で通して読もうと思っているのだけど、この漫画は面白いなーと思う。オセロみたいな瞳が、とかそういうんじゃなくてちゃんとお話が。お話っていうか権謀術数渦巻く派閥の恐怖!みたいなおどろおどろしいものがか。瞳みてるだけでも面白いけどね、目だけ魚拓みたいで。

で今号ではなんか教授選?に立候補する?霧島軍司とかいうおっさんが?妹と口論して?それをショボイキャラな医局員が盗み聞きして?という感じのシチュエーションだったのだが、

毅彦、 木原毅彦だ

相手を人と思うなら 名前くらいは覚えておけ

ここでキタね。結構ブルっときた。なんつうの、俺はこういう説教くさい漫画が大好きなんですわ。初期のブラよろが好きだったのはあの説教くささ、青臭さが良かったからなんだなあ。医療漫画はこういうところがいいですなあ。俺の二大大好きジャンルのひとつである料理漫画にはびっくりウンチクはてんこもりだけど説教カタルシスはないからなあ。

ところで作中で天才視されてる若手の男の医者は朝田って名なのに教授選に立候補してるのはそいつじゃなくて加藤っていう女医なのはなんでなんだろう。そのへんの味方軍の構成とかについてもっと勉強しないといけないなあ。

ちなみにほかの掲載作品はどれもこれも面白く読めなかった。以前買ったときに「医龍以外はかろうじてラーメン発見伝(料理漫画?)が読めるくらいかな・・・立ち読みでよかろう」と判断したんだっけ、ということを、読み終わってから思い出した。スピリッツとかを読んでると小学館漫画雑誌をもうちょっと楽しく読めるようになるんだろうか。